ニコレットの胃との関係と耳鳴りが起きた場合の対処法

禁煙グッズとして知名度が高いニコレットですが、その使用にはいくつかの注意が必要になります。使い方を誤ると、思わぬ副作用が発生してしまうこともありますから、間違えた使用をしないように気を付けましょう。

まず、ニコレットの正しい使用法について知りましょう。このガムは通常のものとは違う形で使用します。ニコレットガムは硬く、どうしても勢いよく潰したくなってしまいますが、焦らず、ゆっくりと噛むことが必要です。味が出てきた段階で、噛むのをやめ、頬にくっつけて放置します。ニコチンの吸収は、胃などの内臓ではなく、頬の粘膜によるものです。
そして、ここで注意が必要になるのは、ガムと同じように噛み続けてはいけないということです。ニコチンが胃に入り、そこで吸収されてしまうと、効果がないのはもちろん、しゃっくりや胸やけの症状が出てしまう場合があるのです。
同様の理由で、ニコレットと飲料水を一緒に使うこともやめましょう。喉が渇いた場合は、ニコレットを取り除き、ニコチンが胃に入らないように、口をすすいでから飲料水を飲む事が大事です。
また、ニコレットを使用していても、耳鳴りなどの禁断症状が出てしまう場合があります。この耳鳴りを放置しておくと、さらに酷い症状が起こってしまうでしょう。これは、ニコレットに含まれているニコチン量では足りていない事によって起こります。そのため、耳鳴りが出たら煙草を吸うなどの応急処置を行い、医師の診断を受けると良いでしょう。
そして、ニコレットには副作用があります。この副作用は、のどの不快感や頭痛、吐き気などです。もし副作用が出てしまうようなら、こちらも使用を中断して医師の判断を確認しましょう。

ページの先頭へ戻る