ドラッグストアで購入のニコレットをタバコと併用不可

ニコレットは、薬局、薬店、ドラッグストアで販売している指定第2類医薬品で、集中力が困難となる状態や禁煙時のイライラを緩和する作用があります。内部にはニコチンを含有しており、普通のガムの様に単に噛むのではありません。数回噛んで内部のニコチンを外に出すようにして、歯茎にくっつけるという使い方です。これにより、口腔内からニコチンを補給できるので、タバコを吸いたいという気持ちを抑制することが出来ます。

ニコレットはドラッグストアで販売していることからもわかる様に、ニコチン置換療法という理念に基づいて禁煙をサポートする医薬品です。このニコチン置換療法とは、中毒性の高いニコチンを喫煙以外の方法で補給することにより、禁断症状を軽減して無理なく禁煙に導くという内容です。口腔内からのニコチンの補給は、肺から吸収するのと比較すると脳に到達するまでに時間がかかります。このために、ニコレットをやめた時の禁断症状は、禁煙した時ほど強くはありません。

なお、ニコチンは血管を収縮する作用があるので、この物質を補給し続けるのは健康にとってプラスとは言えません。しかし、タバコからニコレットに変えた時点でタールや一酸化炭素からは離れられるので、タバコを吸うのと比較するとかなりプラスの変化を期待できます。

なお、ニコレットとタバコを同時に使用するのは、禁止されています。これは、同時に使用することでニコチンの過剰摂取につながり、体調を悪化させる危険があるからです。このために、ニコレットを使用してもタバコがどうしても欲しくなった場合は、同時に使用するのではなく、ニコレットを捨てなくてはなりません。そして、タバコを捨てた後に、ドラッグストアで新しく購入するという流れとなります。

ページの先頭へ戻る