ニコレットで禁煙できる理由はこれ

禁煙習慣が一度見についてしまうと、なかなかそこから抜け出すことが難しくなってしまいます。なぜ、簡単に禁煙することができないのかというと、ニコチン依存になっているからです。ニコチン依存になると、脳がニコチンを求めるようになり、喫煙を繰り返してしまいます。ですから、自分の意志でこのニコチン依存の状態から抜け出すことは、困難であるということがいえます。自分の意志とは関係なく、脳内がニコチンを求めてしまうからです。もし、ニコチンが体内から排出された状態が続くと、イライラしたり、落ち着かなくなったりといった症状が出てきます。そこで、このようなニコチン状態から抜け出して禁煙をするに至るための方法としては、ニコレットでの禁煙が誰でも手間なくできる身近な方法として挙げることができます。なぜ、ニコレットを使用すると禁煙することができるのかというと、喫煙を我慢する時のストレスを軽減しながら禁煙を継続させることができるからです。ニコレットには、ニコチンがわずかながら含まれているので、ニコレットガムを噛むと、脳内に少しニコチンが補充され、喫煙したいという欲求が軽減されます。また、ガムを噛むという動作を行うことで、口がなんとなく寂しいという感覚も抑えることができます。最初はガムではなんとなく物足りなかった状態も、ニコレットガムを噛めば、もう煙草は必要ないという感覚に近づいていきます。そして、最終的にはニコレットガムも噛まないでもいられる状態になれば、ほぼ禁煙を今後も継続していくことができるという状態になります。これは、脳内がニコチンがなくても反応しなくなった状態であるということがいえます。このように、ニコレットであれば、いきなりニコチンを断つよりも、徐々に体内のニコチンの量を少なくしていくことができるので、禁断症状に悩まされることなく、楽に禁煙をしていくことができます。

ページの先頭へ戻る